顎関節症の治療について

顎関節症は比較的若いうちに発症します。

 

放置しておいてもそれほど症状がさらに悪化しない可能性もあります。

 

10%程の方が悪くなっていくという報告もあります。

顎関節症の人口は1000万人ほどいると統計上予想されますので、顎関節症が悪なっていく方も非常に多いものと思われます。

 

検査の結果、かみ合わせが問題と考えられるケースでは、咬合治療が必要となる場合もあります。

 

現状の検査をすることは将来の変化を確認するうえで非常に重要になります。

 

 



無料カウンセリングお問い合わせ

顎関節症を気になられている方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングでは、お口の中を拝見して、疑われる問題をご説明することと、必要な検査のご説明をさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)


奥歯がない方は顎関節に力がかかりますか?

奥歯がないと、物がかめないということもありますが、1番の問題は、顎の関節を悪くしやすくなるということかもしれません。

 

どういうことかと言いますと、通常奥歯があると、噛んだ力が歯で支えられますが、奥歯がない場合は顎の関節で噛む力を支えることになります。

 

顎関節に強い力がかかり続けると、顎関節の変形や、顎関節症になりやすくなります。また、顎がずれてしまうこともあります。

 

顎がずれたり、顎関節症になってしまうと、その後歯科治療が困難になってしまいます。歯や、入れ歯などが壊れやすくなったり、インプラントなどが折れてしまうことも考えられます。

 

奥歯がない状態でしばらく放置すると顎がずれて、奥歯に歯が入る隙間がなくなってしまうこともありますので、奥歯がなくなってしまっている方は放置せず、早めに奥歯を入れる治療をすることをお勧めしております。

 

顎関節症の治療のページ


無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

顎が鳴るのは何年続いていますか?

長年顎が鳴る方の多くは顎が鳴るのが普通だと思われている方も多くいらっしゃいます。

 

口を開ける時にカックカクッと音のする人は意外と多いのですが、ご自身の顎の関節に問題ないと思われている方の多くは、顎が動かしたときに鳴ることが普通で問題があるとは感じない傾向があります。

 

そのため、多くの人は顎の音が何年も変化しないので慣れてしまい、実際には口を開けたり動かすと顎から音がするのですが、ご本人の自覚がないと言う事がしばしばあります。

 

顎の音が鳴ると言う場合はすでに顎関節症です。顎の関節の軟骨がズレてしまっており、顎を動かすときに軟骨が骨に引っかかる事で音がしています。

 

顎関節症学会ではお痛みや口が開けにくくなければ様子を見ることを進めておりますが、歯科治療後にトラブルが内容に治療をする際には顎の関節のズレとかみ合わせの関係を判断して治療をする事が必要になります。

 

顎関節症と歯科治療についてのページ

 


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症分類の変更について

少し前に日本の顎関節学会で顎関節症の分類の変更がありました.現在の分類は次の通

りです.

1. 咀嚼筋痛障害(顎を動かす筋肉の痛み)

2. 顎関節痛障害(顎関節部分の痛み)

3. 顎関節円板障害(顎関節の動きの障害)

4. 変形性顎関節症(顎関節の変形)

 

1はこめかみやほっぺた,首や肩などの場所の筋肉の痛みです.顎を動かす筋肉は広範囲に及びます.

 

2は実際の顎の関節部分,耳の穴の前の部分が痛む状態です.

 

3は顎の関節の動きの不調和です.口を開けるときに音がなったり,口が開きにくくなるような症状を伴います.

 

4は顎の関節の変形です.痛みを伴ったり,口が開きにくくなる症状を伴う

場合があります.

 

分類は上記のとおりですが,実際のケースではそれぞれを組み合わせた症状もあります.

 

治療にあたってはまずは診断が重要ですので,かみ合わせの調整としてむやみに削ったり不可逆的な処置は避けるべきだと考えます.

 

顎関節症と歯科治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症では骨が変形している事がありますか?

顎関節症が進行すると、顎の関節の骨が変形したり吸収してしまう事があります。

 

変形性顎関節症と呼んでますが、下顎頭と下顎窩・関節隆起の軟骨・骨変化を伴う顎関節組織の破壊を 特徴とする退行性関節障害とされています。

 

レントゲン、CTによって骨の変形を確認して診断します。

 

下顎等の変形・吸収についてのページ

 

 骨の変形が起きてしまっていても、症状がない場合もしばしばあります。ただ、顎の位置がずれてきてしまいますので、被せ物が外れやすいとか、歯周病が進行しやすいとか歯科治療が難しくなってしまう場合も多いです。


顎関節症が進行すると、顎の関節の骨が変形したり吸収してしまう事があります。

 

変形性顎関節症と呼んでますが、下顎頭と下顎窩・関節隆起の軟骨・骨変化を伴う顎関節組織の破壊を 特徴とする退行性関節障害とされています。

 

レントゲン、CTによって骨の変形を確認して診断します。

 


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

 

顎関節症は痛みがなくなったら完治しているのか?

顎関節症のお痛みは、顎の関節の痛みと筋肉の痛みがあります。

 

顎関節の痛みは細菌感染のない炎症が起こっているためにお痛みが出ていると考えられています。炎症の原因が解消されて、完治するのであればよいのですが、多くの場合炎症の原因が解消されずに炎症が慢性化して落ち着いてくるものと考えられます。

 

例えば、かみ合わせなどが原因で炎症が起こっている場合、かみ合わせを改善しないと原因となる問題は解決しませんが、時間がたつと痛みの急性症状が落ち着き、炎症が慢性化した場合にも痛みが落ち着いていくことがよくあります。

 

こういった場合、痛みが落ち着いたから顎関節の問題が解決したわけではなく、慢性化して症状がわかりにくくなっただけのことであるかもしれません。

 

慢性炎症を放置していくことで、下顎頭の吸収や、関節円盤の前方転移などの関節の異常が進行してしまうかもしれません。

 

下顎頭の吸収についてのページ


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症の原因って何?

顎関節症はどうして起こるのでしょうか?

いつの間にか口が開きにくくなったということが良くあります。

 

硬いものを噛んだとか、顎をぶつけたとかストレスが溜まっているなど原因が分かりやすい場合は問題ないのですが、原因が噛み合わせや歯ぎしりと言う場合は原因を確認するのが大変です。

 

噛み合わせが原因で顎関節に負担がかかってしまっている場合は、目で見てもわかりませんし、自覚症状はほとんど無い場合が多いです。

 

そのため、噛み合わせが疑わしい場合、噛み合わせによる顎の関節への影響は歯軋りの検査をすることで、確認する事ができます。

 

顎関節症と歯科治療のページ

 


無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

顎の靭帯の炎症も顎関節症?

顎の関節の靭帯が痛むって事があります。

 

顎関節症の分類では、Ⅱ型と言う分類となっております。Ⅱ型の顎関節症では、顎関節が足とかをひねったりした時に起こる捻挫したような状態となります。

 

靭帯の痛みは、強い力が顎関節や靭帯に加わって、引き伸ばされたりしたときに出ます。

 

関節円盤という顎関節にある軟骨や顎の骨につながっている

靭帯組織や覆っている関節方と言う組織、などに生理的な力を超える力が加わってダメージを受けた場合に炎症が起こるため、顎を動かす際に痛みを感じるようになってしまいます。

 

顎関節症と歯科治療のページ 


無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

顎関節症は歯ぎしりが関係するの?

歯ぎしりが顎関節症に関わりがあると言われています。

歯ぎしりは顎が痛くなる原因の一つです。

 

顎関節症の治療に歯並びを治すとか、筋肉のコリや骨の歪みを改善するということが宣伝されております。歯並びや筋肉のコリ、骨格の歪みも顎関節症の原因になりますが、歯ぎしりが顎関節症に影響をしているということも知っておいた方が良いでしょう。

 

歯ぎしりの自覚のある方は、顎関節周囲の筋肉の痛みが出やすく、関節の軟骨がズレやすい事が報告されています。

 

悪い歯ぎしりが原因の場合、奥歯に力がかかってしまう噛み合わせをしています。奥歯で噛み締めることで顎のズレ、筋肉のこりが出てしまったり、骨格の歪みなどが出てくる場合が多いでしょう。

 

そのため、筋肉のコリや骨の歪み、見た目の歯並びを直しても一時的に顎関節症が改善しますが、悪い歯軋りをしてしまっている場合は、再発してしまう可能性があります。

 

歯ぎしりの治療は歯科医院で行っています。マウスピースで調整できる場合もありますが、すでに顎がずれてしまっている場合は、顎のズレやかみ合わせの矯正治療が必要な場合もあります。

 

顎関節症治療のページはこちら

 

 


無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

顎関節症の方は虫歯の方より多い?

あなたの周りにも顎関節症の方がいると思います。

 

顎関節症の症状は,口が開きにくい,口が開かない,口を開けるときに音がする,顎に違和感,痛みがある等の症状です.

 

平成28年の厚生労働省のの実態調査によると,「口を大きく開け閉めしたとき,あごの音がありますか」という問いに対して,男性で11.6%,女性で17.7%であったとしています.

 

また,財団法人8020推進財団による全国成人歯科保健調査(2007年)によれば,成人女性を対象とした「口を大きく開け閉めしたとき,あごの痛みがありますか」との質問で,3.5%が「はい」と回答したそうです.

 

一方,2005年と2006年に実施した約1000名の就労者を対象とした調査によれば,顎関節症の疑いが,男性で15.5%,女性で24.5%で,1969名の同一企業での調査では22.6%に顎関節症の疑いがあったとしています.

 

性別では女性に多く,年齢では若中年層に多い傾向にあります.

 

症状の訴えがあって歯科医院を受診するようケース以外でも,歯科医師から診て顎関節症と診断される場合もありますので,気になることがあれば歯科医院で相談しましょう.

 

顎関節症と歯科治療のページ


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921

下顎頭の吸収ってご存知でしょうか?

骨の吸収は意外に普通に起こっています。

 

顎の関節を動く顎の関節の骨が吸収したり変形する事がしばしば起こります。

 

歯科治療では、外科的な矯正治療をおこなった場合によく下顎頭の吸収が起こる事が報告されております。また、特に矯正治療を行なっていない場合でも出っ歯の方やオープンバイトなど噛み合わせに問題のある方にしばしば下顎頭の吸収・変形がおこっています

 

また、関節リウマチ、全身性エリトマトーデス、シェーグレン症候群などの自己免疫疾患、外傷、悪習癖(頬杖、TCH、うつ伏せ寝など)との関連も報告されています

 

顎の関節に負担のかからない噛み合わせにする事が重要になります。

 

下顎頭の吸収のページ

 


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921

顎関節症ってどうしてなるの?

顎関節症になるのはなぜでしょう?

ある日突然口が開かなくなったり、顎が痛くなったりしてしまうと原因とかよりとりあえず何とかしたい!でしょうし、応急的にでもなんとか口を開けるようにする必要があります。

 

これに対して、慢性的に口が開かなくなってきたり、顎の痛みも軽くなってくると、次にまた痛くならないように原因を知りたくなるのではないでしょうか?

 

顎関節症の原因はわかっていないことも多いのですが、顎の関節に負担のかかる原因が重なって起こるといわれております。大きく4つの因子があります。

 

  • 緊張やストレスなどの心理的な原因を環境因子と言っています。
  • 固いものを噛んだり長時間噛み続けるなどの食生活の原因、楽器の演奏やスポーツなど顎の周囲の筋肉を使用する作業によるもの、歯ぎしり(ブラキシズムという)や日中の姿勢が悪いなどの原因を行動因子と言っています。
  • 悪い咬み合わせ、睡眠障害などの原因は宿主因子といっています。
  • 顎関節に負担のかかる時間の長さを時間因子といっております。

日常生活で、顎関節に負担のある行動をとっている場合は、だんだん顎関節症の状態が悪くなるとお考えください。

 

そのため、顎関節症の方は、上記の原因になるようなことを少しづつ顎関節に負担の無いように変えていくことが良いと考えます。

 

まずは顎関節症になった原因を確認して、急性症状を改善し、それから再発しないように治療に入られると良いのではないでしょうか。

 

顎関節症の治療については下記のリンクページをご覧ください。

顎関節症の治療のページ

 

 


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921

顎関節症の検査をしましょう

顎が開かないといっても何ミリほど顎の関節が動いているのかわからないですよね?

 

顎が開かない・動きにくいといってもどの程度の量で動かないのかわかりません。顎関節が全く動かないのか、横にずらせば動くのかなど、顎の軟骨のズレを確認するには、顎の動きを調べる必要があります。

 

今回は、顎の動きを前後左右上下、時間、回転、加速度を調べるための検査装置をご紹介いたします。


顎の検査をする装置〜キャディアックス〜

顎の動きを検査します。
顎の動きを検査します。 

 

 

 

見た目はゴツい装置ですが、非常にシンプルなセンサーと器具を使用して顎の動きを確認できます。

 

この装置の良いところは、顎の動きが何ミリ動いているかを確認できるということです。顎のズレを数値で計測できることで、治療後の顎の位置を決める事ができ、噛み合わせの回復に使用する仮歯の作成が可能になります。

 

顎関節症の治療に関しましては、下記のリンクページをご覧ください。

顎関節症の治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

口が開かないのは顎関節症?

あなたは、口が開きにくいということはありませんか?口が開きにくい場合は、顎関節症の疑いがあります。

 

顎関節症の方の顎の症状は、単純な開け閉めが難しいだけでなく、大きく口が開かない場合や、左右に顎を動かすのが難しいと言った症状がある場合もあります。

 

顎が開きにくいのに合わせて、顎を動かした時に顎から音がする場合は、顎の関節に問題がある可能性が高くなります。

 

口が開かないなどの症状がある顎関節症の方の多くは、マウスピースを入れたり、ストレッチをして自然に治るのを待つように歯科医師の方から言われることが多いのですが、顎関節の状態が自然に治っていくものではないのが問題ではあります。

 

あまり言われることはないのですが、精密に顎のズレの検査をして、元の位置に顎を戻すための治療をすることがお勧めです。

 

口が開かない時の治療のページ

 


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921