顎の痛みの治療について

顎関節症分類の変更について

少し前に日本の顎関節学会で顎関節症の分類の変更がありました.現在の分類は次の通

りです.

1. 咀嚼筋痛障害(顎を動かす筋肉の痛み)

2. 顎関節痛障害(顎関節部分の痛み)

3. 顎関節円板障害(顎関節の動きの障害)

4. 変形性顎関節症(顎関節の変形)

 

1はこめかみやほっぺた,首や肩などの場所の筋肉の痛みです.顎を動かす筋肉は広範囲に及びます.

 

2は実際の顎の関節部分,耳の穴の前の部分が痛む状態です.

 

3は顎の関節の動きの不調和です.口を開けるときに音がなったり,口が開きにくくなるような症状を伴います.

 

4は顎の関節の変形です.痛みを伴ったり,口が開きにくくなる症状を伴う

場合があります.

 

分類は上記のとおりですが,実際のケースではそれぞれを組み合わせた症状もあります.

 

治療にあたってはまずは診断が重要ですので,かみ合わせの調整としてむやみに削ったり不可逆的な処置は避けるべきだと考えます.

 

顎関節症と歯科治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症は痛みがなくなったら完治しているのか?

顎関節症のお痛みは、顎の関節の痛みと筋肉の痛みがあります。

 

顎関節の痛みは細菌感染のない炎症が起こっているためにお痛みが出ていると考えられています。炎症の原因が解消されて、完治するのであればよいのですが、多くの場合炎症の原因が解消されずに炎症が慢性化して落ち着いてくるものと考えられます。

 

例えば、かみ合わせなどが原因で炎症が起こっている場合、かみ合わせを改善しないと原因となる問題は解決しませんが、時間がたつと痛みの急性症状が落ち着き、炎症が慢性化した場合にも痛みが落ち着いていくことがよくあります。

 

こういった場合、痛みが落ち着いたから顎関節の問題が解決したわけではなく、慢性化して症状がわかりにくくなっただけのことであるかもしれません。

 

慢性炎症を放置していくことで、下顎頭の吸収や、関節円盤の前方転移などの関節の異常が進行してしまうかもしれません。

 

下顎頭の吸収についてのページ


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症で顎がずれることはありますか?

顎関節症の方で、口が開かない方や、顎が鳴る場合、関節の軟骨がずれてしまっています。

 

関節の軟骨がずれると、顎の位置もずれてしまいます。最初は違和感のあることもありますが、徐々に顎がズレた位置で違和感がなくなってきます。

 

問題は、噛む時にズレた位置で噛むことになります。歯軋りなどをした時に歯の接触が強くなってしまい、歯に問題が起こってしまう問題を起こしてしまう場合もあります。

 

顎関節症で、顎がずれた場合、放置して自然に治るのを待つことを顎関節症学会は推奨しておりますが、ずれてしまった顎の位置が自然に治るわけではなく、自覚症状が無くなるだけですので、歯科治療をする際には、しっかりとズレを検査して把握する事が重要になります。

 

顎のズレと歯科治療のページ

 


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

あなたの顎が痛い場合、顎に負担のかかる生活習慣や変化など思い当たる事があるかもしれません。

顎関節症は一つの病態ではなく様々な症状を呈しているため分類がありますそ

 

それぞれの分類によって原因が異なると思われますが,その発症メカニズムを特定することは難しいと言われています.

 

何か特定の一つの原因ではなく多因子が積み重なり発症すると考えられているからです.

 

環境因子としては,緊張する仕事,多忙な生活,対人関係の緊張などが挙げられます.

 

行動因子としては,硬固物の咀嚼,長時間の咀嚼,楽器演奏,長時間のパソコン業務,単純作業,重量物運搬,編み物,絵画,料理,ある種のスポーツなどがあり,習癖として覚醒時ブラキシズム,日中の姿勢睡眠時の姿勢,睡眠時ブラキシズムなども挙げられます.

 

宿主因子には,咬合,関節形態,咀嚼筋構成組織,疼痛閾値,疼痛経験,パーソナリティ,睡眠障害などがあります.時間因子として,悪化・持続因子への暴露時間があります.

 

顎関節症の治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎が痛いのは顎関節症ですか?

単純に顎が痛いと言っても顎関節症でない場合もあります。

 

顎を打って痛い場合は、骨折していたりすることもありますので、痛みの原因を確認する必要があります。

 

顎関節症で顎が痛い場合は、口が開かない、開けるときに痛いと言った場合が多いのですが、そう言った場合は無理に開けずに、横にずらしてから開けると口が開く場合が多いです。

 

横にずらして開く場合は顎がずれて顎の骨が靭帯に引っかかって痛みの原因になっていると考えられます。顎がまたずれないように歯科医院で顎のズレを止める処置を行っていただく必要があります。

 

顎関節症と歯科治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

顎関節症は筋肉の痛み?

顎関節症の問題は、筋肉や軟骨、靭帯、骨といろいろなところに問題が起こります。

 

顎関節症の症状の一つに顎の周囲の筋肉が痛むという症状があります。口を開けるときに痛い、物を噛むときに痛いなどが顎関節症の症状の一つとなります。

 

筋肉の痛みは比較的軽度な顎関節症の症状です。

 

咀嚼筋痛障害という分類となりますが、これは、かみ筋肉の痛みのために顎を動かしにくい、動かすと痛いといった症状が出る場合が多いようです。

 

診断としましては、顎関節部の痛みがあることと、顎の運動をしたときや関節を押した時に痛む場合、筋肉が原因の顎関節症の可能性が高くなります。

 

顎関節症と歯科治療のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

噛み合わせの治療を希望される方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

お口の状況などを確認させていただいたうえで、必要な検査のご説明、疑われる状態のご説明などをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)