顎関節の状態の検査

レントゲン検査

まずは一般的に歯科医院で撮影されるパノラマレントゲンで顎の形の確認をすることから始まります。

たとえば、お写真では、青い丸で囲まれている部分が下あごの関節部分になりますが、左右で形が違うのがわかりますか?左の関節が小さくつぶれたような形になっています。問題が起こっていることが予想されます。

 

MRIやCTを撮影して精密に検査をする場合もあります。

顎運動検査

顎の動きを確認することで、顎の問題を確認します。

噛み合わせの状態の確認

噛み合わせの検査 咬合器
噛み合わせの検査 咬合器

咬合器を使用することで、かみ合わせと顎のズレの関係を確認することができます。顎関節に負担のかかる噛み合わせなのかを診断します。

模型は数値化されて問題点を把握できるようになります。

無料カウンセリングお問い合わせ

顎関節症が気になっている方は、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 

噛み合わせや顎のズレ、顎の痛み、歯の揺れ頭痛などかみ合わせが原因と思われることを確認させていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

03-3251-3921

東京都千代田神田鍛冶町3-2-6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)


あなたは、口が真っ直ぐ開きますか?

顎がズレている、顎が真っ直ぐ開かない。

 

と言った時、顎の長さが左右でちがうことが原因の場合があります。顎関節症が原因の場合もありますが、顎の長さが左右でちがうために顎が曲がって見えるというケースです。

 

下のレントゲン写真は左右で顎の長さがちがい、顎が左側にずれてしまっているお写真です。

 

レントゲンの見方ですが、下のレントゲン写真の黄色い丸の中に見える白くて棒状の部分が下顎の関節の骨になります。

 

レントゲン写真は左右反対に見えますが、左右で下顎の関節の長さと大きさに差があるのがわかりますか?

 

左側の下顎の関節の骨が短く細くなっています。

 

このため、骨格自体が左側にずれて見た目も顎がズレているように見えます。

下顎頭の吸収
下顎頭の吸収

左側の顎の骨が短いのと、下の前歯が斜めに傾いているのがわかります。

顎のズレがあると真っ直ぐに口が開かない場合があります。
顎のズレがあると真っ直ぐに口が開かない場合があります。

このケースのように顎の大きさが左右で異なる場合があります。


ただいま顎のズレや顎関節治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921

 

顎関節症で顎がずれることはありますか?

顎関節症の方で、口が開かない方や、顎が鳴る場合、関節の軟骨がずれてしまっています。

 

関節の軟骨がずれると、顎の位置もずれてしまいます。最初は違和感のあることもありますが、徐々に顎がズレた位置で違和感がなくなってきます。

 

問題は、噛む時にズレた位置で噛むことになります。歯軋りなどをした時に歯の接触が強くなってしまい、歯に問題が起こってしまう問題を起こしてしまう場合もあります。

 

顎関節症で、顎がずれた場合、放置して自然に治るのを待つことを顎関節症学会は推奨しておりますが、ずれてしまった顎の位置が自然に治るわけではなく、自覚症状が無くなるだけですので、歯科治療をする際には、しっかりとズレを検査して把握する事が重要になります。

 

顎のズレと歯科治療のページ

 


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)