顎関節症では骨が変形している事がありますか?

顎関節症が進行すると、顎の関節の骨が変形したり吸収してしまう事があります。

 

変形性顎関節症と呼んでますが、下顎頭と下顎窩・関節隆起の軟骨・骨変化を伴う顎関節組織の破壊を 特徴とする退行性関節障害とされています。

 

レントゲン、CTによって骨の変形を確認して診断します。

 

下顎等の変形・吸収についてのページ

 

 


顎関節症が進行すると、顎の関節の骨が変形したり吸収してしまう事があります。

 

変形性顎関節症と呼んでますが、下顎頭と下顎窩・関節隆起の軟骨・骨変化を伴う顎関節組織の破壊を 特徴とする退行性関節障害とされています。

 

レントゲン、CTによって骨の変形を確認して診断します。

 


無料カウンセリングお問い合わせ

歯ぎしりの治療に関してのご相談はを希望される方は、まず無料カウンセリングにお越しください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

0120−25−1839

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)