顎関節症と歯科臨床の関わり

顎関節症の主な症状は、あごに違和感がある、痛い、口を開けるときに音がする、口が開けにくいなどがあります。

 

顎顔面口腔領域には顎関節症と鑑別が必要な疾患が多数あり、また一部の疾患は医科の領域と重複するため、問題をさらに複雑にしています。

 

痛みを伴うお口の病気には、虫歯の痛み、歯ぐきの痛み、粘膜の病気などがあります。

 

お口の周囲、顎顔面領域においては、頭痛、筋肉痛から腫瘍の影響による痛みなど多岐にわたります。

 

顎関節症とほかの疾患の鑑別は基本的には容易ですが、治療方針については学会でも定期的に更新されており、専門的な知識が必要になる場合もあります。

 

また顎関節症と関連しているとされる夜間就寝時の歯ぎしりは自らコントロールすることが難しいため,歯ぎしりをすることを前提に,歯科治療が行われることが求められます.

 

顎関節症と歯科治療のページ


ただいま咬合治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっておりますのでご連絡ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

0332513921