精密歯科治療

歯科治療はお口の中なので、非常に見えにくい部分ですし、歯のひびや、ほんの小さな隙間などを見るには裸眼では不十分なため、拡大鏡(ルーペ)や顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、より細かく丁寧に治療を行います。

このような歯科治療を精密歯科治療と呼んでいます。

アメリカでは拡大鏡を使用することは、名医の最低条件と言われているそうです。


歯科治療は針の先のような細かいものを対象に行います。

どんなに目のよい方でも5倍に拡大した像が見えるわけではございません。しっかりとした顕微鏡(マイクロスコープ)や拡大鏡(ルーペ)などの器材を使用することは、精密な治療をする第一歩となります。

精密治療 拡大鏡

拡大鏡を使用し、約7倍の拡大で治療します。

マイクロスコープの治療 顕微鏡

5倍から20倍の拡大で治療します。

歯を削るときは顕微鏡を使用します。

精密治療の一番重要なポイントです。

たとえば、時計を作る職人さんは拡大鏡を使っているというイメージが湧くと思います。なぜ拡大鏡を使用するかというと細かい作業をするには目で見えなくてはできないからです。

歯科治療においても同じで、もし細かいところまで正確に治療をするとすれば、細かいところが見えなくてはいけません。

歯を削るとき、歯とセラミックの境界となる部分をマージンと呼んでいますが、このマージンが、きれいな一本の曲線でつながっていないと、最終的なセラミックを作るとき、セラミックと歯の間に隙間のあいた不適合な状態となります。

この隙間が大きいと細菌が増殖し、歯周病となります。人工的な隙間なので、日々の歯ブラシでは、決して取り除けません。

精密審美歯科では、歯とセラミックの隙間をなくし、歯の健康を保ちます。

顕微鏡の拡大練習用の紙です。

10倍に拡大するといちばん細かいところまで、しっかりと見えます。

しっかりと削るには顕微鏡がやはり必要です。

荻窪 歯科ブログ 精密歯科治療って何ですか?

皆様ご存じないかもしれませんが、歯の神経の感は針の先より細いこともあります。裸眼で見えるのでしょうか?

 

結論的に拡大してみる必要があります。

 

精密歯科治療では、歯の細かい診断・治療に顕微鏡、拡大鏡を使用しています。そのため、原因のわからない痛みなどの問題を見つけることもしばしばあります。

 

精密歯科治療

0 コメント