荻窪歯科ブログ 虫歯の痛みについて

虫歯の痛み

歯に穴があいている場合、熱いものや冷たいもので刺激をして、痛みを感じる場合、5分以内の持続であれば、虫歯の穴を封鎖すれば落ち着くことが多いです。ただし、放置しておくと虫歯が進行し、歯の神経まで感染して強い痛みになる場合があります。

 

また、詰め物が外れた場合も虫歯同様の痛みがある場合があります。

小さな虫歯は歯を最小限に削り、レジンで治療

虫歯の範囲が歯の幅の3分の1程度の場合や、歯と歯の間だけの虫歯であれば、レジンというプラスチックの樹脂を詰める治療をします。レジンは白くて粘土のようなもので光を当てて固めます。歯の色に合わせて色が何種類かあります。

大きい虫歯は丈夫な材料で治療