荻窪 歯科ブログ 歯茎の黒ずみ

審美歯科ブログ 歯茎に金属が入っている場合の処置

 
歯茎に金属片が入っている場合

治療をした歯の歯茎だけが黒い場合、金属の土台を削った時にでる金属の粉が歯茎の中に入って変色の原因となっていることが多いです.

 

このようなケースでは、メラニン色素とはちがい、歯茎の表面を処置しても効果があまりありません.

 

顕微鏡で歯茎の中を開いて確認しながら金属片を取り除いていきます.こうした歯茎はしっかりとはくっついてないのであまりお痛みなく歯茎をめくることもできます.

 

完全に取り除くのは難しいので何度か繰り返すこともございます.

 

前歯を仮歯にして歯茎の中の金属を取りました.

まだ、少し残っているようですが、だいぶ白くなりました.

 

歯茎の審美歯科